読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかみ・みづきの灰だらけ資料庫(書庫)

~就活燃えつき「真っ黒」博士・仲見満月の研究室奥の少し湿った日々~

【レビュー】雨宮処凛『14歳からわかる生活保護』

レビュー 社会問題 生活保護

 レビューのトップバッターとして、こちらからいきましょう。

14歳からわかる生活保護 (14歳の世渡り術)

14歳からわかる生活保護 (14歳の世渡り術)

 

 

<ひとこと>

十四歳には高度な内容だと思いました。成人後、読んだ方が生活保護の事情は分かりやすいかと思います。

 

感想として、日本の制度は古いままで柔軟性に欠けていると、第3章の受給者Aさんの話を読んで実感しました。Aさんは夫のDVを逃れ、子供二人を連れて引っ越し、児童相談所等にも子供のことを連絡します。しかし、離婚成立前、夫が居場所を知り、子供二人を連れ去ってしまいました。こうなると、婚姻関係のままなので、DV夫から児童相談所も子供の保護するために動けません。また、Aさんが生活保護者のためか最初、離婚裁判で夫に親権が行く判決になってしまうという。読んでいて、憤った体験談でした。