なかみ・みづきの灰だらけ資料庫(書庫)

~仲見満月が言葉を折る灰色の部屋~

小説

【レビュー】神戸遥真『休日に奏でるプレクトラム』と『休日に恋するプレクトラム』~マンドリンと社会人サークルの小説を読む~

久々に読んだ本の感想をまとめておきたいと思います。2020年5~6月期は、楽器のマンドリン演奏の社会人サークルが舞台の小説シリーズです。 1.第1作品の『休日に奏でるプレクトラム』を読む 2.第2作の『休日に恋するプレクトラム』を読む 3.シリーズ全…

第六回 #文フリ大阪 の作品書評~ #並木陽『青い幻燈』を読む~

<今回の内容> 1.まえおき 2.物語の主な内容 3.作品へのコメント 4.むすび 1.まえおき 先日、「研究室」ブログに載せた記事「第六回 #文フリ大阪 の作品書評~ #並木陽『マインツのヴィルヘルム』を読む~ - 仲見満月の研究室」 に引き続き、 第…

【レビュー #文フリ #小説】『夜半過ぎの郵便屋さん』ほか

先日の文学フリマ(文章ジャンルオンリーの同人誌即売会)、皆さま、大変お疲れさまでした。少しずつ、読み進めさせて頂いておりまして、こちらのブログでまた紹介していけたら、と考えております。 さて、今回はブースにお邪魔しました、サークル「夜半過ぎ…

フォローどうぞ!

follow us in feedly