なかみ・みづきの灰だらけ資料庫(書庫)

~夜思う「真っ黒」博士・仲見満月の研究室奥の少し湿った日々~

年明け3ヶ月分の同人誌即売会と台湾でのZINEイベントの準備中です

メインブログのメインテーマの更新がノロノロぎみで、申し訳ございません。

 

理由は、年明けの「第二回文学フリマ京都」から、本日、出展が決定した台湾でのZINEイベント「ZINEDAY TAIWAN vol.2」(大阪レトロ印刷さんの台湾店で開催)までの三か月分の準備をしているからです。参加イベントの予定は、【'17.12.6_2059更新:目次】仲見満月の同人活動と同人誌(ZINE)の関連記事まとめ - 仲見満月の研究室をご参照下さい。

 

文学フリマを除き、委託参加となります。例えば、

  • 直参では自分のブースやスペースの机に置いたりするペーパーや、委託参加の頒布する同人誌と一緒に詰める無料配布のチラシの作成
  • 同人誌のデザインや手に取ってもらうための工夫を書いた本を読んだりして、今の自分の技術で喜んでもらえそうな、ステッカー等のノベルティを模索

といったことをしています。次のような本を読んで、準備の参考にしています。

 

ちなみに、下の画像は、京都の文学フリマで配る予定のペーパー・チラシの一部です。

 

1月の文学フリマ京都で科学ニュースの冬号(B5、本文58ページ、モノクロ)、2月の各委託参加のイベントで人文・社会系の冬号(B5、本文50ページ、モノクロ)を出す予定です。2017年の秋の新刊より、どちらも10~15ページくらい、ページ数が増えていて、読む方も大変だと思いますが、作るほうも大変でした。

f:id:nakami_midsuki:20171206210419p:plain

 

それぞれの新刊情報については、追々、研究室ブログのほうで告知する予定です。科学編は、文学フリマ京都のカタログ編集が可能になり次第、人文・社会系のほうは、文学フリマ京都のペーパーで告知した後、研究室ブログで情報解禁のつもりでいます。しばらく、お待ちください。

 

そうそう、今回、自分が作っている諸々の同人誌は、果たしてアートや旅行記、写真集といったジャンルの本が多いZINEに当てはまるのか、よく分かりませんでしたが、台湾のZINE DAYに委託出展を認めて頂けました。申し込む際、学術系のコラム誌っぽいものだと書き、たしか、研究室ブログの詳細ページのリンクも載せていたと思いますが、ご許可頂いたということで、一応、サークル・仲見研の同人誌もZINEに少しは含まれるのかな?と思いました。

 

海外のイベントに出展決定したということで、錆びた自分の中国語の能力と自動翻訳、日中・中日辞典を駆使して、POPに載せる本の基本情報もまとめ始めました。例えば、「気になる」を厳密な日本語にすると、「興味がある」ということになり、そこから同人誌のタイトルに”感興起”という中国語を入れています。

そんな作業の一方で、ぼんやりと「通販はクレジット決済ができるけど、紙同人誌を安い送料で海外に送るには限界があるから、やっぱり、同人誌の電子書籍化は早いほうがいいんじゃないか」とか、ダウンロードマーケットもあったよな、とか、流通の方面のことに思考が行ってしまったこともありました。台湾の同人作家さんと同人誌を交換した時、20ページくらいの薄い本の送付するのでも、到着を速くするか、安全に届くことを優先するかで、たしか、一冊1000円かかることもありました(EMSだったかな?すみません、うろ覚えで)。

 

チラシやノベルティの作成と、同時進行で考えていることは、たくさんあります。ひとまず、近況報告と共に、メモ代わりとしても、こちらにエントリ記事として残しておくことにしました。

 

おしまい。

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新のお知らせはこちらで!

ブロトピ:今日の学問・教育情報

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:読書に関するこんな記事

フォローどうぞ!

follow us in feedly