なかみ・みづきの灰だらけ資料庫(書庫)

~夜思う「真っ黒」博士・仲見満月の研究室奥の少し湿った日々~

【レビュー #文フリ #小説】『夜半過ぎの郵便屋さん』ほか

先日の文学フリマ(文章ジャンルオンリーの同人誌即売会)、皆さま、大変お疲れさまでした。少しずつ、読み進めさせて頂いておりまして、こちらのブログでまた紹介していけたら、と考えております。

 

さて、今回はブースにお邪魔しました、サークル「夜半過ぎの郵便屋」さんで、買わせて頂き、拝読しました2作品の感想を書いていきたいと思います。どちらも、短編に当たる小説です。

 

◆紹介

1.『夜半過ぎの郵便屋さん』

f:id:nakami_midsuki:20170920191404j:plain

(画像出典:https://c.bunfree.net/p/osaka05/7341)

 

奥付によると、今年3月の発行。全74ページ、300円。その他の詳細情報は、こちら:
c.bunfree.net

 

<内容>

24時を過ぎたころ、オープンする郵便局がありました。そこには、「訳あって」渡せない手紙を預かり、差出人を思い出した人が手紙を受け取りに来訪する、不思議な場所。そこへ、ある晩に「ツヅリ」と局員から呼ばれる子どもが訪れます。ツヅリは、郵便局を訪れる様々な人々を観察し、時に手紙を預ける手助けを行い、窓口の奥に山型に積まれた手紙をいくつか手に取り、黙読することもあります。

 

ツヅリは思う。ここに預けられた手紙は、果たして受け取りに来訪する人物はいるのだろうか。これは、直接渡せなくなった手紙を預かり、保管しておき、届け先の人を待つ手紙を見守る、局員とある子どもの物語。

 

<感想>

見た目は、薄い文庫くらいの大きさで、74ページ。文の大きさと字組みは、大きめで密度が少し高い印象を受けました。

 

数時間ほどで読めるかな?と思いましたが、購入直後から読み始めて、2日ほどかかりました。舞台と主要登場人物右は固定されているんですが、手紙を預けに来る人物たちが個性豊かだったり、事情を抱えてそうな雰囲気を持っていたり、 ある意味、読者視点となるツヅリの心情や行動を追うのに、何度も半ページずつくらい、戻ってはじっくり読みました。そうやって、噛んで味を出しながら、物語の世界に浸る読み方を私はしておりました。

 

『夜半過ぎの郵便屋さん』というタイトルのためか、終盤は夜が明けた後のシーンも少し、書かれていました。主要人物と郵便局の存在がどのようなものか、ここで明かされ、ラストを迎えたという、しっかりした話の運びになっております。

 

 

2.『灯の海に、幕が下りる』

 

f:id:nakami_midsuki:20170920194855j:plain

 (画像出典:https://c.bunfree.net/p/osaka05/8815)

 

A5判サイズのコピー本で、「第6回テキレボ公式アンソロジー「祭」参加作品」だったようです。横書きで、間の取り方は、ブログの小説のような文字組みの印象を受けました。

  

 

<内容>

ある国の村で、催された祭り。その祭りで、青年のアルミスと博士が再会するところから、物語は始まります。照明は落とされ、やがて示し合わせたように、どこからか一人の少女が姿を見せ、光を灯した灯篭を持ち込みます。アルミスと博士は、祭りを話題に会話を重ねるうち、2人の旧知の「将軍」が登場。将軍は、今回の祭りは戦争が終わり、その犠牲となった人たちを弔う意味の強いものだと、2人に説明します。話の展開とともに、アルミスと博士の姿は消え、やがて祭りに残った将軍は、2つの灯篭を眺め、夜の幕が下りるのでした。

 

<感想>

数時間で読了できる長さですが、物語の進行とともに、主要人物達の正体が少しずつ明かされていき、読者を飽きさせません。前半の登場人物たちの会話は、一行空けるような間がありませんが、祭りの進行や将軍の登場に向かううち、行間が空くようになり、物語の時系列についても、誰が回想しているシーンか、文章の形式で分かるようになています。

 

人物の正体ですが、まず、アルミスが舞台のどんな存在であったか、博士との会話から明かされます。からだの一部にひびが入っているよな描写がありますが、それを平然と祭りの様子を眺めながら、博士に返答するアルミスの様子は、それそのものが人間離れした彼の存在を物語っています。

 

中盤から出てくる将軍が2人に見つけられ、3人で会話が進みますが、終盤でアルミスと博士は続く祭りを後に、群衆を離れまてゆきます。その場に残った将軍の手は、「魂を送る祭囃子」が寂しげなことに気づきます。そこに2つの灯篭が目に入る将軍は、戦争にまつわる「悲しい」回想に浸るのでした。終盤の将軍の回想で、やっと2人が先に祭りを去った理由が明かされ、この物語の幕引きにふさわしい表現となっていました。

 

 

3.最後に

今回、拝読しました作品は、最後に登場人物達の正体、結末が明かされるという展開になっていました。『夜半過ぎの郵便屋さん』のほうは、特に、途中で登場する情報を拾ったり、ページを戻って確かめたりしながら、丁寧に読み進めていたこともあって、市クライマックスで手紙を受け取りに来た人の登場には、ちょっと、泣きそうになりました。

 

こちらの2作を置いておられたサークル「夜の郵便屋」さんの作品は、他にもいくつかありまして、今回の文学フリでは、

c.bunfree.net

c.bunfree.net

の2作を買い逃してしまいました。

 

次回の新刊を楽しみにするとともに、上記2作品も読めることを楽しみにしております。

 

素敵な物語を生んでくださって、能西都さま、ありがとうございました。

 

フォローどうぞ!

follow us in feedly