読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかみ・みづきの灰だらけ資料庫(書庫)

~就活燃えつき「真っ黒」博士・仲見満月の研究室奥の少し湿った日々~

【レビュー】こだま『夫のちんぽが入らない』

<本記事の内容>

  • 一.はじめに~本書の新聞広告から~
  • 二.ストーリーと感想 
  • 三.まとめ~および本書の出版経緯とその周辺情報~
    •  その一、本書のまとめ
    •  その二、本書の出版経緯とその周辺情報

一.はじめに~本書の新聞広告から~

読了は随分前でしたが、レビューを書くタイミングを失ってしまっていた本がありました。その本が、こちらになります。

 

こだま『夫のちんぽが入らない』扶桑社、2017年

f:id:nakami_midsuki:20170213162134j:plain

【アマゾンはこちら】

【楽天ブックスはこちら】

 

もたもたしている間に、二月一二日の朝日新聞四ページ目の広告に、「タイトルなし」の形で紹介され、その出来事事態がネットニュースとして、取り上げられることになりました。 しかも、二つのメディアで…。

 

nlab.itmedia.co.jp

withnews.jp

 

新聞の広告には、タイトルに男性の性器名が入っており、そこが掲載困難という規定に引っかかってしまったようです。一三万部突破した売り上げの本なら、タイトルなしでも、帯に入れた有名人のメッセージや著者の名前で、書店に行けば探してもらえるだろう。そう出版社の担当者がふんだようで、『※書名は書店でお確かめください。』という広告表示になったそうです。下が実際の朝日新聞の四ページ目の広告で、買ってきて私も確認しました。

f:id:nakami_midsuki:20170213234014j:plain

 

ここまで、話題になったならレビューを書いてしまわないと、また機会を逸することになりそうだ。という判断で、今回、内容や感想、本書の出版背景など、まとめることに致しました。 

 

先にお断りさせて頂きますが、本書は広告どおり、夫婦が二〇年の間に苦しんできた物語で真面目なストーリーです。が、タイトルが示すとおり、内容には性的な描写や事項も含んでおります。また、主人公である妻、それから夫の行動には、倫理・法律などの観点から、不適切ではないか?と思われることもあるかと存じます。

以上の点について、特に未成年の方、それから夫婦関係について倫理・法律的な観点から不適切な内容を読むのが難しいと感じられた方は、時間をおいて成人されてから再度ご訪問頂く、あるいはブラウザバックして頂くことをお勧め致します。

 

それでも、読みたいという方は、「続きをよむ」を押してお進みください。

続きを読む

【レビュー】天咲心良『COCORA 自閉症を生きた少女 1 小学校 篇』

今回は、私がフォローしている方のからのツイートで、存在を知った小説のレビューをします。 こちらです。

参加しています。フォローどうぞ!